永久脱毛は脱毛エステやクリニックは人気ですが、予約なかなか取れない通うのが面倒時間がかかる営業がうざい、、、、あまりよくない評判も聞かれます。そこで、最近は自宅で永久脱毛のできる脱毛器を購入する人も増えています。脱毛器は数万円はしますが、脱毛エステに通うのに比べたら安いですからね。

家庭用脱毛器の種類

自宅で使える家庭用脱毛器の種類にはいろいろなタイプがあって、主にレーザー脱毛器、フラッシュ式脱毛器、サーミコン式脱毛器などの方式で分けられます。この中でサーミコン脱毛は毛を熱でやくだけなのでまたすぐに生えてきてしまいます。レーザーとフラッシュ脱毛は毛根に働きかけるので繰り返し使っていくと永久脱毛に近づきます。ちなみに、自宅で脱毛できる脱毛クリームや脱毛ワックスなどは手軽ですが、見えている毛だけなので永久脱毛にはなりません。

レーザーとフラッシュではレーザーの方が効果が高いですが、レーザー脱毛は照射面積が小さいので、広い範囲の脱毛では気の遠くなる作業が必要です。それにフラッシュよりも痛みが強いです。

というわけで、最近はフラッシュ脱毛機が主流です。フラッシュ脱毛は、脱毛エステと同じ方式で安全です。照射面積も広いので作業が楽だし、あまり痛くありません。価格も手頃でし、最近はエステサロン品質の脱毛が出来ると言われるほど能も上がってきたと言われているほどです。

オススメの家庭用脱毛器

オススメの家庭用脱毛器を紹介します。製品によって「フラッシュ脱毛」や「IPL脱毛」、「ひかり脱毛」など呼び方は違いますが、どれも同じです。

ケノン

脱毛のトータルコストが圧倒的に安い!
2012年楽天家電年間ランキング第1位にも輝いた“ケノン”は、口コミでも大人気の商品で、家庭用脱毛器の購入を考えたことのある方なら一度は聞いたことのある脱毛器だと思います。

ケノンの本体価格は高いですが、カートリッジ1本で照射できる回数が圧倒的に多く、結果的に脱毛にかかるトータルコストは一番安いのが特徴です。また、広い照射面積と連射機能であっという間に脱毛できちゃいます。また、カートリッジを変えれば美顔器にもなる1台2役。機能性能とも最高の脱毛器です。日本製というのも安心です。

また、ケノンは産毛から剛毛までOKでほぼ全身脱毛出来ちゃうから、女性だけではなく男性からも大人気で、男性の利用者はなんと4割。家族や恋人とシェアしている人も非常に多い人気の脱毛器です!

照射面積 照射1回のコスト 連続照射
9.25平方センチ 0.0385円 6連射
レベル調整 ハンドピース重量 価格
10段階 120g 69,990円

ケノンの詳細はこちら

エピナード

あのエステナードソニックのメーカーが作った脱毛器!
エピナードは、出荷台数81万台を突破したあの大人気美顔器「エステナードソニックのメーカーが開発した脱毛器です。エピナードの大きな特徴は「クーリング機能」が付いているところ。通常、照射の前後に保冷剤などで冷やす作業が、ボタン1つで数秒で冷却することができます。

脱毛器を使おうとしたところうっかり保冷剤を冷凍しておくのを忘れても大丈夫。エピナードならクーリング機能が搭載されているのでボタン一つ押せばたったの数秒で冷却可能。準備も後片付けもカンタンです。

エピナードの購入方法は一括払いの他に定期コースがあります。初回9,800円(税別)で買うことができます。2ヶ月目以降は7,000円(税別)でEPIカートリッジとモイストケアジェルが送られてきます。脱毛は毛の周期に合わせて何度も処理する必要がありますから、定期的に届くのは便利ですね。

照射面積 照射1回のコスト 連続照射
7平方センチ 4円 なし
レベル調整 ハンドピース重量 価格
10段階 120g 65,000円

エピナードの詳細はこちら

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

FDAの認可が下りている唯一の家庭用レーザー脱毛器
世界中の美容クリニックで多く使われている、ダイオード・レーザー技術を応用した唯一の家庭用レーザー脱毛器です。FDA(アメリカ食品医薬品局;日本の厚生労働省に当たるアメリカの政府機関)の認可も下りているのと日本人の肌でもテストされているので安心して使えます。レーザー脱毛器はフラッシュ脱毛機より少しだけい痛いと敬遠されがちですが我慢できないほどではなく、なんと言ってもフラッシュ脱毛器に比べて脱毛の効果が高いのが特徴です。また、本体価格もそれほど高くなく、更にフラッシュ脱毛器のようにカートリッジの交換が不要なのでコストパフォーマンスは高いです。本体は充電式なので取り回しが楽です。製品は30日間返品保証が付いているので効果が不安な人でも安心して試せます。東急ハンズ脱毛器販売実績No1! (2014/1-3)。本気で脱毛したいならレーザー方式のトリアがお薦めです!

照射面積 照射1回のコスト 連続照射
2平方センチ 1.95円 -
レベル調整 ハンドピース重量 価格
5段階 600g 39,800円

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの詳細はこちら

ヒカリエピ

安さが魅力!
「hikari epi ヒカリエピ」は、本体価格が 24,800円(税込)という驚きの安さで、カートリッジも3,980円とお得なコスパの一品です。業務用美容機器メーカーが家庭用に作ったものだから安くても実力は本格派。

照射面積も広く、出力も3段階で調整できます。また、しかもハンドピース部は軽くて疲れにくい。さらに、脱毛だけでなく、美しい素肌のためのフォトフェイシャルにも使えます。1台で脱毛と美容の両方に使えるのはお得ですね。

照射面積 照射1回のコスト 連続照射
7平方センチ 2.65円 なし
レベル調整 ハンドピース重量 価格
3段階 102g 37,800円

ヒカリエピの詳細はこちら


フラッシュカートリッジは消耗品

フラッシュ脱毛器は照射部分が消耗品で、決まった回数使うと新しいカートリッジに交換する必要があります。機種や毛の質によって必要な出力調整が変わってくるので一概に比較できないのですが、だいたいカートリッジ1個で1500~2000回前後が有効照射が可能と言われています。なので、本体価格だけでなく、交換するカートリッジの値段も比較するうえで重要です。

脱毛に必要なフラッシュ照射回数

ワキ…25回
二の腕…100回
ひじ下…100回
手…20回
Vライン…15回
ヒザ上…280回
ヒザ下…180回
(いずれも片側。個人差もあります。あくまで参考値です。)

尚、顔の脱毛ができるかどうかは製品によりますので、各脱毛器の説明をよく読んでください。

永久脱毛は本当に生えてこないのか?

実は、フラッシュ脱毛は本当の永久脱毛ではありません。本当の永久脱毛は医療機関の行っているレーザー脱毛や電気針脱毛と言われるもので、本当に二度と生えてこなくなります。男性の場合、本当に生えてこなくなるのは心配という人が多いです。年を取ってから逆に恥ずかしいとか。それに、指毛を気にしなくていい仕事に転職したり、新しい彼女が毛の多いワイルド系が好きなんて言われたら困りますよね?それでも、フラッシュ脱毛なら安心です。完全な永久脱毛ではないからです。

フラッシュ脱毛は何度か繰り返し使っているうちにほとんど処理しなくても生えてこなくなるのですが、それでも時間が経てばまた毛が生えてきます。だから永久脱毛というより手入れが楽になったり、毛を薄くしたりという感じなのです。ただ、それでも人によってはフラッシュ脱毛でも二度と生えてこなくなることもあるそうなので、どうしても気になる人はやめておいた方がいいかもしれません。あくまで個人差でありやってみないと分からないのですが。あと、眉毛に使うと誰でも二度と生えてこなくなる可能性が高いので使ってはいけません。

エステの落とし穴

エステに関するテレビコマーシャルや宣伝、ネット広告を見ても、誰でも無理なく気軽に通えてお値段もリーズナブル!とついお願いしたくなってしまいそうな、文言が並んでいますし、無料脱毛体験を実施していたり、格安キャンペーンを実施しているサロンも多いので、「試しに行ってみよう!」とエステサロンの門を叩く人も大勢いらっしゃると思いますが、エステには思わぬ落とし穴があることも・・・。
勿論、健全な運営をされているエステも沢山あるのですが中には、誇大広告をはって客を呼び込み、体験は無料だけれど本契約となると、ビックリするくらい高かったり、格安キャンペーンを受け効果に満足したものの、強引な勧誘があり契約するまでなんだかんだ言って帰してくれない、というエステサロンも未だあるのです。

公式HPや広告というのは当然ながらメリットのみが記載されていて、マイナーな部分など書いているはずがありません。ですから、本当にそのエステが効果的な脱毛を行っているのか、上質なサービスを展開しているのか、コスパが高いのかなどは実際に通われた方の口コミなどを参考にした方が良いのです。

無料!格安!気軽に通える!などのうたい文句に踊らされることなく、効果やサービスについてある程度リサーチしたうえで体験先や施術先を決めるようにしたほうがいいですね。

エステにまつわるトラブル

自己処理に限界を感じ、キレイに脱毛したい!とスキンケア効果が高いと言われるエステサロンで脱毛される方が年々増加傾向にあると言います。しかし、その一方でエステサロンにまつわるトラブルも多数報告されるように!

スキンケア効果が高いと評判のエステで脱毛したのに、美肌になるどころか肌荒れしてしまった!大手なので予約が入れやすいし、店舗移動もOKだから通いやすいと聞いていたのに実際通い始めたらなかなか予約が入れられず、契約期間内に脱毛が完了せず、追加料金を払って通い続けるように強引に迫られた!

医療機関と提携しているので万が一肌トラブルが発生しても最後までドクターサポートが受けられると聞いていたのにたらいまわしにされ、きちんとサポートを受けることが出来ず自分で皮膚科を見つけ通う羽目に!などなど様々なトラブルがあるようです。

高額な費用を払ったにも拘らず、思うように予約を入れられなかったり、効果を得ることが出来なかった、肌トラブルが生じたでは、目も当たれらないというものです。確かに、カミソリや毛抜きなどでの自己処理を続けていると肌荒れが進んでしまうので、プロにお任せしたい!とエステでの脱毛を考えるのも分からなくありませんが、効果と費用、コスパを考えた場合、家庭用脱毛器の方がおススメかもしれません。


このページの先頭へ